施工例紹介

NEW

学びのstudioー新しい塾のカタチー

デニムタイルがアクセント!自由な学びの空間

今までにない新しいカタチで学習塾を展開する『総合学習室アビリティ』。

その佐藤塾長からご相談をいただきまして、仙台市長町に新しい教室を作らせていただきました。

実は、その他の福島市の教室や、仙台市の教室もほっとリビングで手掛けさせていただいています。

今回のコンセプトは『学びのstudio』ということで、学ぶ子どもたちが、いるだけで楽しくなるようなそんな自由な空間を目指しました。

設計のポイントは「デニムタイル」です。

本物のデニム生地が貼られたタイルは、大工さんに1枚1枚丁寧に貼っていただきました。

その他にも、五角形の折上げ天井、木目調のタイルカーペット、アクセントクロス、照明や雑貨など

こだわりをたくさん詰め込んだ素敵な空間に仕上がったと思います。

この学びのstudioで、子どもたちがどんな時間を過ごしてくれるのかとても楽しみです。

  • AFTER
    一角に小さなスタッフルームを作っています。星形のデニム風カバーのペンダントライトがアクセントです。
    BEFORE
    鉄筋コンクリート造の構造躯体むき出しのところからスタートしました。
  • AFTER
    こちらの空間は化粧梁がアクセントです。天井や床の仕上げを変えることで、壁で区切らずに空間を分けています。
    BEFORE
    作業中の風景です。職人さんたちが丁寧に下地を作ってくれました。
  • AFTER
    出窓の前は棚を低く作り、ベンチとしても使えるようにしました。
    BEFORE
    大きな出窓からたくさん光が入ります。

VOICE

お客様より
今回の工事は、床、壁、天井ともコンクリートむき出しのまるっきりのスケルトン状態からのスタートでした。基本的なオフィス仕様にするまでに限られた予算枠の相当部分を占めてしまうという制約のなかで、想像以上のコンセプト感がしっかり感じられて、まとまりのある空間、新しい教育サービスの期待をお客様に感じて頂けるような価値ある空間作りを産みだし、見事に形にして頂いたと実感とともに、大きな満足を感じています。誠にありがとうございました。
担当者より
今回のご提案は「デニムタイル」ありきで始まりました。
『デニムタイル×スタジオ』、そして子どもたちが楽しく学べる明るい空間。
そんなところからイメージを膨らませ、西海岸風カリフォルニアスタイルの空間コンセプトをご提案させていただきました。
デニムの風合いや色合いを基調に、星のモチーフや、流木の雑貨、グリーン、シーグラスなど至る所に要素を散りばめています。
受付のペンダントライトや飾りつけの雑貨は、一部手作りさせていただきました。
コンセプチュアルな空間は出来上がっていくのがとても楽しいです。
アビリティさんの学習塾ではどの教室でも、子どもたちが楽しそうに学習しています。
この『学びstudioアビリティ』でもたくさんの子どもたちが楽しく過ごしてくれることを願っています。
ページトップへ戻る